読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七草。

早いもので今年ももう七日目、今日は七草粥の日ですね☆

(お粥の日なわけではないケド。笑)

正式には「人日(じんじつ)の節句」といわれる今日、早春にいち早く芽吹く七草をいれたお粥を食べることで、前の年の厄を払い、新しい年の無病息災と豊作を願う節句なのだそう。

 

そういえば春の七草、みなさん言えますか?

“せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ”

私は子供のころ、意味も分からず覚えました。

この七草、じつは体にいい成分をたくさん含んだステキ食材だということをついさっき知りましたので、簡単にご紹介します。

(以下、得意のかおりん調べです 笑)

・セリ    カロテン、鉄分、ビタミンB2を含み、冷え防止と増血作用が期待できます

ナズナ   利尿作用があり、むくみ防止に

ゴギョウ  タンパク質やミネラルが豊富で、扁桃炎や胃炎を鎮める効果が期待できます

ハコベラ  タンパク質のほかにカルシウムやミネラルを豊富に含む万能な薬草、整腸作用があります

ホトケノザ 抗酸化作用があるので、風邪などのウィルス対策に

スズナ   消化酵素を多く含むので、消化を促進し疲れた胃腸を守ります

スズシロ  こちらも消化酵素を多く含み、また食物繊維も豊富なので老廃物のデトックス効果も期待できます

とまぁこんな感じで、この七草をお粥に混ぜて食べるということは、お正月のごちそうで疲れた胃腸を優しく労わることができるという、とっても理にかなった習慣なんだということが今更ながらよくわかりました。本来なら七日の朝に食べるものなのだそうですが、今夜は初めての七草粥にチャレンジしてみようと思います。

七草粥を食べて、大切な家族の今年一年の幸せを願う。こういう昔ながらの習慣を大切にすることを、今年は意識してみようかなぁなんて思っています☆