読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

装具を作る、の巻

術後4日目。
じっとしていて痛むことはほとんどなくなった。手術直後のあの痛みがうそみたい。

今日は“装具屋さん”と呼ばれてるおじさんがやってきた。手術で人工的に作った靭帯は、術後2ヶ月辺りで一度弱くなるタイミングがあって、このときに無理しちゃうと再び断裂、なんてこともあるらしい。そんな大惨事を未然に防ぎ、これからしっかりとリハビリしていくために必要な装具(らしい)。
定価で15万6千円、とか言ってた((白目
これは一旦自費で立て替えて支払い、後から社会保険等の還付申請の手続きをすると戻ってくるそうです((おっちゃん談

金額もさることながら、この装具屋のおっちゃんのアバウトな感じがやや不安にさせるのはなぜだろう…
なんかちょっと嬉しそうだし…
f:id:kaoremix:20141101142955j:plain

で、手術した右足は今もパンパンに腫れているので、採寸は健康な左足で。ふくらはぎと、膝と、太もものサイズを測り、約2週間ほどでオーダーメイドの装具が出来てくるそうです。
色も選べるそうで、赤を激しく勧められましたが、なんかロボットみたいになりそうなのでメタリックダークブルーっていう色にしました。

3週間、退屈するだろうと思ってた入院生活ですが、毎日いろんな出来事や発見があって、今のところ意外に退屈せずに過ごせています。