記念

記念日、というと、なにか喜ばしいことのように響きますね。

 

 

けどわたし的には、なにかの区切りというか。

なにかを終えたり始めたり、新しいスタートラインに立つような、そんなイメージで認識していて。

 

 

その中でもやっぱり、お誕生日というのは、年1の、サイコーな記念なのではないかと思うんですよね。

 

 

だってさ、

バツイチ、バツ2が当たり前のいまの世の中で、子どもを授かった夫婦が例えば離婚したとしても、どうにかして子どもさんを育てたわけでしょ?

 

施設に預けられたり、赤ちゃんポストに預けられたり、そんなお子さんもたくさんいるんだよね。

 

そんな世の中で、お誕生日をお祝いしてもらえる人間は、オトナも子どももめちゃしあわせだと思うんだ。

 

だから大人たちも、恥ずかしがらずにはしゃげばいいと思う。誕生日だなんてもう歳だし、みたいなスカしたこと言ってないではしゃげばいいと思うわけです。

 

 

この世に生まれてきたキセキを祝して。

 

 

 

そーいうわけで、

世界のみなさんが、記念日くらいは楽しく笑って過ごせますように。

 

 

f:id:kaoremix:20170919232803j:image

こないだ海に行ったら、信じられないくらい癒されたので、また近々行こうと思います。

 

 

あと3分

たとえばミサイルが発射されて

3分後に日本が滅ぶとして 

その3分、どんなふうに過ごしますか?

 

 

 

 

今朝、そんな質問をされる夢を見ました。

 

夢の中では答えたけど、みなさんはいかがでしょう?(この過疎ブログをご覧くださってる数少ないみなさま、いつも本当にありがとうございます)

 

もし、その答えの中に誰か人物が含まれているなら、その方に日頃からちゃんと、大切に思っている旨を伝えてあげてくださいね。

 

夜中のひとりごと、でした。

やさぐれない

楽しみにしていたお盆休みも、あっという間に終わっちゃいましたね。

 

 

 

そしてまたいつもの日常。

 

 

実はお盆に入る前から、いろいろ追い詰められてきて、ここ数週間ずっとやさぐれていたんです。

仕事も、東京での暮らしも、もうなにもかもイヤになりつつあったんです。

日々のお酒の量が増えて、毎朝起きるのが辛くて、寝ぼけた頭で仕事に行ったりしてたんです。

(今思うとホント情けない...)

 

 

自分でもなにやってんだろって思いながら、そういう毎日が続いていました。

 

 

 

でも先日、とある人生のセンパイとビールジョッキ片手に話してて、なにも話してないのになんかぜんぶ見透かされてて。

 

唐突に、

 

まだ若いんやからやさぐれたらあかんで。

 

って、言われました。

 

みんないろいろある、辛いことも苦しいこともイロイロある。

だけど五体満足に生きてるやん、こうやってビールが美味しく飲めたり、色んな話聞いて刺激を受けたり、行きたいところに行ったり会いたい人に会ったり、そういうことが自由にできるっていうことだけでスゴイ幸せなことやんか。

せっかく健康に産んでもらって、ちゃんと普通に働ける程度に育ててもらって、そういう当たり前のことに感謝する気持ちを忘れたらあかんで。って。

 

まだまだ先長いんやし苦しいことなんか山ほどあるわさ。

けどな、絶対やさぐれたらあかん。

なにがあっても笑ろとかな。って。

 

 

 

そうやなって、単純にそう思いました。

毎日当たり前に不自由なく生きてることに感謝する気持ち、忘れてました。

いろいろ、考え始めるとキリがないし、考えてもどうにもならないことがほとんどだし、笑って過ごすほうがいいなって、単純にそう思いました。

 

 

 

そんな夏の終わり。

f:id:kaoremix:20170823181929j:image

実は夏より秋の方が、お外ビールがおいしいような気がするわたしです。

 

 

ケガが絶えない話

お仕事終わって帰り道。

 

家から最寄りの横断歩道で信号待ち。

ぼんやり空を眺めてて、青に変わって歩き出したら転んだ。

 

……まだビールも飲んでないのに!!!

 

 

大きい交差点だったから(恥ずかしい)、急いで立ち上がって、小走りで家に帰ってきて、膝を見たらまぁまぁ気に入ってたズボンのヒザが破れてて。

お風呂に入ったら、ヒザと肘を擦りむいてた。

 

はぁ。

 

 

なんか、トーキョーきてからよく転ぶ。

いやまぁ、昔からぶつけたり擦りむいたり、よくケガをするんですけど。

要は、注意力散漫なわたしがイケナイって話です。

 

 

なんか、わたしにはほんとになにもないなー…

 

 

交差点の信号待ちでそんなことを考えて、見上げた空の青がすきな感じの青だったから。

 

 

 

よくケガをするので、傷を手当てする設備は整っている我が家でキズパワーパッドを貼って一安心。

 

そんな夜でした。

 

 

そんな夜

たまーにあるんですよね、

一睡もできない夜が。

 

 

9時にお布団に横たわってかれこれ5時間、眠れないんだなぁこれが。

 

 

特別なにがあったわけでもないし、

さみしかったり切なかったりするのはいつものことだし。

けど、たまーにあるんです、こんな夜。

 

 

ま、もともと眠りが浅いし、夜中に何度か起きちゃうタイプなので、少々の寝不足は平気です。

 

 

でも、たまには朝までぐっすり寝てみたいなぁ。

 

抱き枕じゃなくて抱っこしてくれる枕が発売される日を心待ちにしながら、引き続きお布団でごろごろしてみます。

 

 

夜中のひとりごと、でした。

 

 

 

 

断捨離。

突然ですが、私こう見えて友だちいないんです…

(見たまんまですけれども…)

 

 

 

いないというか、地元には若干名いますけど、こっちにきて、新しい環境でどうやって新しいお友だちを作ったらいいのか作り方がわからなくて。

 

それなのにひとりはニガテだしさみしんぼな私は、ついこないだまで結構SNSにハマってたんですよね、主にtwitter

 

 

5年前に始めたtwitter、まー、いろんな方と繋がりが持てて、まーいろいろありましたが、それはそれで良かったんですけど、最近なんかもうそこにしか居場所がないんじゃないか、みたいになってきてて。

 

 

いやいやいや、だめパターンやんそれ、って、やっと気付いたのが先月で、思い切ってtwitterと、そのほかのいくつかのSNSのアカウントを削除しました。

 

 

……まだ削除して3日目ですけど 笑

 

 

 

 

でもひとりで過ごすのにもだんだん慣れてきて、今までは休日は無理やり外出してたけど、最近ではめっきり外出しなくなりアパートにひきこもりをキメる週末を重ねています。

 

このまま歳とって老いていくのかなぁとか思うと、漠然とした寂しさに飲み込まれてしまうときもあるけれど、少しずつ、自分の安らげる時間を作っていけたらいいかなぁと思ったりしています。

 

 

 

このブログも、いつまで続けていけるかわからないけれど、続ける方向でがんばりたいと思います。

 

 f:id:kaoremix:20170702211939j:image

先日飲んだ夏っぽいお飲み物。

作り方を教えてもらったのでおうちで挑戦中です。

梅雨明けが待ち遠しい、7月のはじまり。

続けるということ

ある日ふと気がついた。

 

私は、生きてるってこと以外になにも継続できてることがないってことに。

 

 

 

仕事も3回転職してる。
趣味だった登山も、キャンプも、バイクも、お寺めぐりも、園芸も、いまはやってない。
もはや興味も薄れてる。
ジョギングも、趣味というよりは義務感でやってるけど、言うほどやってない。
かつてお付き合いしたひともいたけど、そのうちのひとりは旦那さんだったけど、いま私は独身だしひとりだし。続いていく恋愛を経験したことがない。
東京にきて、大好きだったお料理もほとんどしなくなった。

 


本当に、なにも継続できていることがない。

 

 

みんなもそうなのかなぁ。
普通こんなもんなのかなぁ。


どうして継続できないのかを考えてみたんだけど、たぶんそもそも、ものごとにそんなに興味とか執着がないんだと思う。
平たく言うと飽きっぽい。
これいいな!って思ったらすぐ飛びついてすっごいハマってめっちゃ研究したりしてみるけど、そのうちなんかいつのまにやらだんだん興味が薄れてきてもーいいやってなっちゃう。

 

もっと言うと、

そもそも生きることにもそんなに執着がない。


これは昔から、こどもの頃からずっとそうで、なんでみんな毎日生きるんだろうって、小学校四年生の夏に毎晩本気で考えたりしてた。考えても答えなんてわからないのに。そんで、飽きて考えるのをやめたんだった、この頃から飽きっぽかったのかも。

 

まぁ、生きることに理由は必要ないのかもしれないけれど、守るべきものがあるひとは日々ハツラツと生きることができるのかもしれないし、なにか好きな趣味があるひとはそれが日々を生きる活力になるのかもしれない


……けど、これらは想像の域を出ない。
私にはそういう類のものがない。親兄弟はいるけれど、守るべき自分自身の家族はいないし、そんなに情熱を注げるような趣味もない。

 

だから、そういうものがあるひとを、本当にうらやましく思う。


いや、思ってたんだけど。

 

最近少しだけ、
生きるということに対して少しだけ、肯定的な感情も持てるようになってきた。

 


そうは言いながらも、このまま好きでもない仕事を続けて、好きになれない街で暮らし続けるのかなぁとか思うとお先真っ暗、みたいな気持ちになるときもある。

 

けど、

いちおう、私にも大切に思うひとや、友人や家族がいて、そのひとたちに迷惑かけたり心配させたりしないように元気に生きなきゃって思う気持ちが、今の私の生きる理由になってる。

 

だから、これからは継続できるひとになりたい。


大切なものをきちんと大切にし続けたいし、好きなひとや好きなものを、ずっと好きなままで生きていきたい。好きなままずっと。

 

 

そんなことを考えた、梅雨の晴れ間の日曜日。

 f:id:kaoremix:20170611221056j:image